ニュース

フロー蠕動ポンプを使用して液体を移送すると、パイプライン内の液体の流れがすぐに止まらず、通常はゆっくりと滴り落ちることがわかります。私たちの想像では、ポンプの回転が止まり、液体の流れが止まるのではなく、液体がパイプに滴り落ちると液体の流れが止まります。この現象の発生を滴下現象といいます。

フロー蠕動ポンプの液だれの原因は?

これは通常の流体現象です。その理由は、ポンプが液体を移送しているとき、ポンプの出口パイプが下を向き、一定の重力を持っているためです。ポンプの回転が止まると、液体はそれ自体の延性と重力によってゆっくりと流れ落ち、その結果、ホース内の液体が完全に滴るまでホースの口から滴り落ちます。現時点では、液体が重力で滴り落ちるので、サイフォン現象が発生した場合はどうすればよいかと考える人もいます。実際、心配しないでください。蠕動ポンプの動作原理は誰もが知っていると思います。ポンプはローラーに依存してホースを圧搾し(入口は負圧を生成し、出口は正圧を生成します)、圧力差は伝達に使用されます。回転を止めてもホースはしっかりと絞られているので、この現象を避けるために入口と出口を外しています。

滴下現象の解決策

ホースに液体が滴る理由を説明しました。それらの1つは、ホースの弾性張力です。液体が滴る理由は、ホースの張力が液体自体の延性と重力よりも小さいためです。この弾性張力を膨張させて液体の下向きの力よりも大きくすれば、この現象を変えるのに十分です。
1.ホース出口の直径を小さくし、チューブ内の液体を小さくしますが、弾性は変わらないため、問題は解決します。

2.圧力バルブを増やし、出口に一方向圧力バルブを設定します。作動中はポンプ自体の圧力でバルブが開き、停止すると自然にバルブが閉じます。

インパルス現象の問題に注意する必要があります。ポンプを使用して液体を移送する場合、インパルス現象により、蠕動ポンプホース内の液体が吸い戻されて吸い戻されます。したがって、ホースの直径は、吸い戻すポンプの長さよりも大きくする必要があります。そうしないと、張力が原因になります。液だれは形成されません。

以上がフロー蠕動ポンプの滴下現象の発生と防止についてです。それでも理解できない、または正しく操作できない場合は、LeadFluidのアフターセールスエンジニアに問い合わせることができます。


投稿時間:2021年6月8日